2008年8月6日水曜日

iPhoneとMac間でファイルをやりとりする

  1. AppStoreから"Files"というAppを入手する。¥900。
  2. iPhoneに転送する。
  3. WiFiに接続した状況でiPhone上の"Files"を起動する。
  4. 設定画面が開くので、パスワードや使用領域のサイズを設定しておこう。
  5. 設定が済むと、最初は「Public」フォルダと「Readme.doc」のふたつだけの一覧画面が表示されているはず。この状態で左下に丸いアイコン(赤か緑の事が多い)があるので、それをタップする。
  6. アイコンが赤の時は以下のようなメッセージが表示される。
    WebDAV server stopped
    この時は「Start server」ボタンをClickしよう。すると、アイコンが緑色になる。
  7. アイコンが緑の状態の時にすると、以下のようなメッセージが表示される。
    WebDAV server runnning
    Password protected
    ** KB of ***MB used.

    Connect via URL:
    http://***.***.***.***:8080/
    この最後のURLがMacから接続する時に使用するURLとなる。
  8. 後は、Mac上で「Finder」をアクティブにした状態で「Command+K」すると、以下のような「サーバへ接続」ダイアログが表示されるので、iPhone上のFilesで確認したURLを入力し、認証情報を入力する。
  9. これでFinderに「共有」としてマウントされるので、そこへファイルをコピーするなりすればOKOK!
コメントを投稿