2007年12月28日金曜日

GMAIL, GoogleTalk, Twitter, RememberTheMilkをごった煮で。

まずはGoogle,RTM,Twitterのアカウントが必要。

Gmailの画面内でRTMを操作する

Remember The Milk - Services / Remember The Milk for GmailからFirefox用のpluginをinstallして再起動。すると、Gmailのメール一覧を開いた時に右側にRTM用の新しいpaneが追加されていて、簡単に使用できる。
Gmail内のメールと関連づいたtaskを作成する
  • Mailを開いた状態で「More actions」「create task」を選択する。
  • Gmailの「settings」「Tasks」で特定タグをつけると自動的にRTMにTask登録される機能を利用する。
これらの方法で作成したTaskは、Gmail内の該当メールへのlinkがついた状態でTaskが作成される。
良く使う検索フィルタ
期日を指定してタスクを取得
due:${期日} ${期日}までのtaskではなく、期日が${期日}のものが取得される点に注意!
list名を指定してTaskを取得
list:${list名称}
tag名を指定してTaskを取得
tag:${tag名称}
task名称の部分文字で検索
name:${検索文字列}
他にももっとたくさんの検索方法があるので、Remember The Milk - Help / FAQ / Searching / How do I use the advanced search?を参考に。

Gmailの画面内でGoogleTalkを操作する

これは特に設定もなく(Gmailの表示の設定が「standard」ならOK。メール一覧のすぐ下にそれらの選択肢がある)、Gmail画面の左側ペインにある「chat」から通信相手のコンタクトを開くだけ。Gmailの画面内にpopupされる。ちなみに、popupウィンドウではない。popupウィンドウにしたければ、GoogleTalkウィンドウの右下の「Pop-out」をClickする。

Gmailの画面内のGoogleTalkでTwitterの更新、確認をする

  1. twitterの「Settings」「Phone&IM」で「Notifications」を「on」に設定する。
  2. Gmailの左側の「chat」の「Add contanct」で「twitter@twitter.com」を追加する。

Gmailの画面内のGoogleTalkのTwitterアカウントでRTMを操作する

Remember The Milk - Services / Remember The Milk for TwitterでTwitter経由で操作できるように設定。最初にこの機能を有効に設定したときは短いキーワードが表示されるので、それをtwitterで「d rtm ${キーワード}」のようにダイレクト送信する。
Twitter経由のRTMの操作
全てのコマンドは「d rtm」を使って「rtm」にダイレクトメッセージ送信する形で行う。
Taskを作成する
d rtm ${タスク名称} [${期日}] ${期日}は省略可能
Taskを完了する(!complete)
d rtm !c ${タスク名称}
期日を指定してTaskを取得(!getdue)
d rtm !gd ${期日} ${期日}までのtaskではなく、期日が${期日}のものが取得される点に注意!
list名を指定してTaskを取得(!getlist)
d rtm !gl ${list名称}
tag名を指定してTaskを取得(!gettag)
d rtm !gt ${tag名称}
コマンド一覧を取得する
d rtm !tips
他にもコマンドがあるので、Remember The Milk - Services / Remember The Milk for Twitterを参考に。

[おまけ]Gmailの画面内のGoogleTalkで英和、和英変換を行う

Gmailの左側の「chat」の「Add contanct」で、例えば和英なら「ja2en@bot.talk.google.com」を追加する。「ja2en」が「en2ja」なら英和。他にもいくつかの言語がある。
コメントを投稿