2009年6月13日土曜日

GAE/J+Wicket用のarchetypeプラグインを作成した

2009-07-27追記

SDKのバージョンに合わせてバージョンが変わってますので更新のエントリも参照する事!

久々にWicketを触っていると、"やっぱJava屋にはWicketが一番気持ちいいな…"となったので、前回のものに加えてWicket+GAE用のquickstartも作った。

使い方

maven2がインストールされてパスも通った状態で、以下のコマンドを実行してください。

$ mvn archetype:generate -DarchetypeGroupId=com.shin1ogawa -DarchetypeArtifactId=gae-wicket-quickstart -DarchetypeVersion=1.0-SNAPSHOT -DarchetypeRepository=http://gae-j-samples.sourceforge.jp/maven/repository

改行を入れてはイケマセン。それと、archetype:createではなくarchetype:generateですので注意。うっかりcreateゴールを使うと、テンプレートのhtmlが思わぬ場所にコピーされてしまいます。

プロジェクトが生成できたら、生成されたプロジェクトフォルダに移動して以下のコマンドを。

$ mvn eclipse:eclipse dependency:copy-dependencies

詳しい説明は以前のエントリを見てください。eclipseのGAESDKプラグインを1.2.0のままの人とかも要注意。

公開してる場所

リポジトリ
http://gae-j-samples.sourceforge.jp/gae-wicket-quickstart/source-repository.html
プロジェクトの説明
http://gae-j-samples.sourceforge.jp/gae-wicket-quickstart/ja/

archetype:generateうぜぇ

色々聞いてくんな、一発で作らせろという人はgenerateゴール実行時に、以下のようにgroupId, artifactId, versionを渡してinteractiveMode=falseする事でサクッとプロジェクトができあがります。

mvn archetype:generate -DarchetypeGroupId=com.shin1ogawa -DarchetypeArtifactId=gae-wicket-quickstart -DarchetypeVersion=1.0-SNAPSHOT -DarchetypeRepository=http://gae-j-samples.sourceforge.jp/maven/repository -DgroupId=com.hoge -DartifactId=com.hoge.gae-wicket -Dversion=1 -DinteractiveMode=false
コメントを投稿