2007年10月18日木曜日

A Wicket Diary | Wicket Web Bean

A Wicket Diaryで紹介されていたコンポーネント、Wicket Web Beansがすごそうだ。 相変わらず適当な訳ですが、なんかTapestry5っぽいカンジの動作をするのでしょうか?

Wicket Web Beans

Today a new Wicket based project has announced itself: Wicket Web Beans (WWB). WWB is project that allows you to use the JavaBeans specification to quickly, and I really mean quickly create CRUD type user interfaces.

Wicket Web Beans

今日(訳注:9/12の記事です)、新しいWicket製のプロジェクトが発表されました: 「Wicket Web Beans(WWB)」です。 WWBはあなたがすぐにJava Beansの仕様を使用する事を可能にするプロジェクトで、そして本当にCRUDタイプのUIをすぐに作成します。
Dan, the creator of Wicket Web Beans writes:
Wicket Web Beans (WWB) is a Wicket component toolkit for displaying and editing POJOs that conform to the JavaBeans specification. Web pages are automatically generated based on bean properties and certain conventions. If necessary, the layout, editability, and actions of these pages can be customized on an exception basis. In other words, the toolkit normally does what you'd expect, but when it doesn’t, you can override its behavior.
WWBの作者のDanはこのように書いています。
WWB は、JavaBean仕様に従うPOJOsを表示し、編集するための Wicket Component Toolkitです。 ウェブページはBeanの属性といくつかのしきたりに基づいて自動的に生成されます。 必要であれば、これらのページのレイアウト、編集のしやすさ、動作をを例外的にカスタマイズすることができます。 言い換えると、Toolkitは通常はあなたの想像どおりのことを行いますが、そうではないとき、あなたはその振る舞いを上書きすることが可能です。 From the documentation I could peruse, this sounds like an amazing addition to the Wicket framework space. You can get it now, downloads start at Wicket 1.2.6, and I think support for Wicket 1.3 is in the works.
私が詳細に調べる事ができた資料からすると、これは Wicket フレームワークの世界への素晴らしい追加に聞こえます。 あなたは今それを入手でき、ダウンロードはWicket1.2.6から開始され、そして私はWicket1.3でのサポート計画を考えています。
コメントを投稿