2007年10月2日火曜日

ZK3.0.0環境構築メモ(Eclipseを使わない)

  1. コマンドプロントを起動して、ZKのProjectを作成するフォルダへ移動して以下を実行。例のごとくgroupId、artifactId、packageName、versionは適当でよい。
    mvn archetype:create -DarchetypeArtifactId=maven-archetype-webapp -DgroupId=com.shin1 -DartifactId=zk01 -DpackageName=com.shin1.zk01 -Dversion=0.0.1
    
  2. 作成されたProjectの直下にある「pom.xml」を編集する。まずは<project>ノードの直下に以下のzkとJetty用のバージョン番号を追加。
    <properties>
    <zk.version>3.0.0-RC</zk.version>
    <jetty.version>6.1.4</jetty.version>
    </properties>
    
  3. <dependencies>ノード直下に以下を追加。最初からjunitへの依存関係が定義されているので、その下あたりに追加すると良い。
    <dependency>
    <groupId>org.zkoss.zkforge.el</groupId>
    <artifactId>zcommons-el</artifactId>
    <version>1.0.0</version>
    </dependency>
    <dependency>
    <groupId>org.zkoss.zk</groupId>
    <artifactId>zul</artifactId>
    <version>${zk.version}</version>
    </dependency>
    <dependency>
    <groupId>org.mortbay.jetty</groupId>
    <artifactId>jetty</artifactId>
    <version>${jetty.version}</version>
    <scope>provided</scope>
    </dependency>
    <dependency>
    <groupId>org.mortbay.jetty</groupId>
    <artifactId>jetty-util</artifactId>
    <version>${jetty.version}</version>
    <scope>provided</scope>
    </dependency>
    <dependency>
    <groupId>org.mortbay.jetty</groupId>
    <artifactId>jetty-management</artifactId>
    <version>${jetty.version}</version>
    <scope>provided</scope>
    </dependency>
    
  4. <build>ノード直下に以下を追加。
    <plugins>
    <plugin>
      <groupId>org.mortbay.jetty</groupId>
      <artifactId>maven-jetty-plugin</artifactId>
    </plugin>
    </plugins>
    
  5. src/main/webapp/index.jspを削除。
  6. src/main/webapp/WEB-INF/web.xmlをZK3.0.0環境構築メモのweb.xmlと同じ内容に編集する。
  7. src/main/webapp/index.zulを作成し。これもZK3.0.0環境構築メモのindex.zulと同じように編集する。
  8. コマンドプロンプトで作成したProjectのディレクトリへ移動して、以下を実行する。
    mvn jetty:run
    
  9. 「[INFO] Started Jetty Server」のメッセージが表示されたら成功!ブラウザで「http://localhost:8080/${artifactId}/」を開いて確認する(${artifactId}はmvn archeType:createで指定したartifactId=pom.xml内の<artifactId>ノードのtext())。

コメントを投稿