2007年10月2日火曜日

ZK3.0.0環境構築メモ

ZK3.0.0-RCを試したので環境の構築方法メモ。

EclipseでWebAppの環境作成メモで作成したEclipseの環境構築を前提として説明。今回はEclipse上でProjectを作成する方法。
  1. [File][New][Project]で[Maven/Maven Project]を選択してNext。
  2. Project名を入力してNext。
  3. 「Create a Maven2 project」で「src/main/webapps」を追加してNext。zk-eclipse01.png
  4. 「Add Maven2 dependecies to the project」画面で、Add。
  5. 「Repository Search」画面の「Query」に「zul」を入力して少し待つと入力した文字でフィルタされた情報が表示されるので、今回はその中のzulの最新バージョンである3.0.0-RCを選択してOK。zk-eclipse02.png
  6. 「Finish」でProjectを作成。
  7. Package Explorer で作成したProjectのTreeを展開し、「pom.xml」を開く。
  8. <dependencies>には先ほど追加したzulしかないが、ZKの動作にはzcommons-elが必要となるので、下記をzulのした当たりに追加する。
  9. pom.xmlを保存すると、M2Eclipseがzcommons-elをダウンロードしてEclipseの参照ライブラリに追加してくれる。
  10. Package Explorer上で、src/main/webappを右クリックして「WEB-INF」フォルダを作成。
  11. WEB-INFフォルダに「web.xml」を追加して以下のように編集する。
    <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    
    <web-app id="WebApp_ID" version="2.4" xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd">
    <display-name>zk02</display-name>
    
    <listener>
          <description>Used to cleanup when a session is destroyed</description>
          <display-name>ZK Session Cleaner</display-name>
          <listener-class>
            org.zkoss.zk.ui.http.HttpSessionListener</listener-class>
    </listener>
    <servlet>
          <description>ZK loader for ZUML pages</description>
          <servlet-name>zkLoader</servlet-name>
          <servlet-class>org.zkoss.zk.ui.http.DHtmlLayoutServlet</servlet-class>
          <init-param>
            <param-name>update-uri</param-name>
            <param-value>/zkau</param-value>
          </init-param>
          <load-on-startup>1</load-on-startup>
    </servlet>
    <servlet-mapping>
          <servlet-name>zkLoader</servlet-name>
          <url-pattern>*.zul</url-pattern>
    </servlet-mapping>
    <servlet-mapping>
          <servlet-name>zkLoader</servlet-name>
          <url-pattern>*.zhtml</url-pattern>
    </servlet-mapping>
    <servlet>
          <description>The asynchronous update engine for ZK</description>
          <servlet-name>auEngine</servlet-name>
          <servlet-class>org.zkoss.zk.au.http.DHtmlUpdateServlet</servlet-class>
    </servlet>
    <servlet-mapping>
          <servlet-name>auEngine</servlet-name>
          <url-pattern>/zkau/*</url-pattern>
    </servlet-mapping>
    
    <welcome-file-list>
          <welcome-file>index.zul</welcome-file>
    </welcome-file-list>
    </web-app>
    
  12. src/main/webapp直下に「index.zul」を作成し、以下のように編集する。このファイルがZKアプリのソース。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <?page title="ZK::Hello World!"?>
    
    <window title="zk02 window." border="normal" width="200px">
    Hello, World!
    </window>
    
  13. Wicket1.3環境構築メモを参考にして作成したProject用のJettyの起動構成を作成する。
  14. ブラウザから「http://localhost:8080/」を開いて、以下のような表示が出ればOKOK!zk-eclipse03.png

コメントを投稿