2007年11月15日木曜日

gOSやめた!

いきなりですがgOSやめた!どぅせDesktop上のGMAILやらBlogger等、Google関係のデカイアイコンは使わないし(デフォルトブラウザがFlockでも必ずFirefoxが起動してしまう)、もっと安定していそうなUbuntu-ja-7.10-desktopを入れてみました(gOSのベースはUbuntuらすぃ)。 gOSと比べてよかった点は以下のとおり。
  • 最初から日本語化されている。日本語キーボードも使用できる。
  • USB接続の外付けHDDをTerminalからちゃんと扱える。gOSの時も認識はするものの、FileManagerを開いた状態でなければ操作できないという状態だった。
  • ファイルマネージャが使いやすい。
  • 操作感がWindowsと似ているため、移行し易い。
gOSと比べてイマイチと思った点は以下のとおり。
  • なんか重い(Enlightenmentじゃないから?)。
今回の移行ではまった点。
  • Synapticパッケージマネージャでインストールしたsun-javaがどこに入ったか分からない。gOSの時は難なく見つけてJAVA_HOMEを設定していたらしく、記憶がない。->結局、sun-javaをインストールした「Synapticパッケージマネージャ」でもう一度sun-javaを検索、プロパティを見ればわかった。
  • ワークスペースの増やし方が分からない。->右下に表示されているゴミ箱の左の箇所を右クリック-設定、で増やせましたが、メニューの「設定」からみつからずに苦戦した。
ド素人はこんなツマラン事でもはまってしまぅのですよ。。 インストール直後の状態からほぼそのまま使えるので、中国のメンバとかにも充分使えるだろうし、余計なモン入れさせないためにもUbuntuを強制してもいいのかも。自社ツールの動作確認も簡単にはできたし。問題がありそうとしたら仕様書を読むためのExcelか?だがそれもOpenOfficeで開ける範囲にしておけば困らなさそうだし。

Blogged with Flock

コメントを投稿