2012年3月12日月曜日

Google API Expertが解説する Google App Engine for Java実践ガイド が発売されます

書きました。3/16(金)に発売されます。Javaの経験が無いと厳しいです。。Javaの経験があり、Google App Engine/Javaに興味がある人、実際に現場で使っている・使う予定がある人の役に立つと思いますので、興味があればポチってみてください。

目次は次のようになっています。

  1. 第1章 イントロダクション
  2. 第2章 JUnitによるテスト
  3. 第3章 各機能の使い方
  4. 第4章 アプリケーションの設計の注意点
  5. 第5章 課金額の節約
  6. 第6章 提供されるツールの使い方

1章ではHello worldレベルのサンプルを実施し、2章では1章で使ったサンプルを作り直しながらGoogle App Engine/Javaの環境での自動テストの能力と、IDEの能力を引き出す方法を説明し、Google App Engine/Java環境での開発のリズムを掴めるよう説明します。一番ボリュームがある第3章では、まずは様々なサービス(機能)を実行する仕組みを説明して、その後サンプルアプリケーションを拡張しながら次のサービスについて説明します。

  1. Datastore Service
  2. Users Service
  3. Memcache Service
  4. Task Quere Service
  5. Scheduled Tasks
  6. Mail Service
  7. Channel Service
  8. Blobstore Service/File Service
  9. Images Service
  10. Prospective Search
  11. XMPP Service
  12. URLFetch Service
  13. Backends
  14. Pull Queues & Pull Tasks
  15. Log Service
  16. Capabilities Service
  17. OAuth Service
  18. Multitenancy
  19. Conversion API
4章、5章は主にアプリケーションのチューニングの説明をします。

Google App Engine/Java環境を使った場合の自動テスト対象の広さ&速さ、開発効率の高さ。それらの支えがあることで、アプリケーションのサーバ側がどれだけラクになるか、という事が伝えたい内容です。

コメントを投稿