2009年5月27日水曜日

ANTLRWorksがうまく動くようになった

以前、ANTLRWorksがまともに動作しねぇ!というエントリを書いたんだけど、なんとかうまく動作するようになった。"Bundle for Mac OS X"とかいうバイナリをダウンロードして使っていたけど、jarでの配布もあったのでそれをもってきて"-Xmx768m"くらいで起動する。以下のようにANTLRWorksの設定画面でオプションをいくつか指定すればOKっぽい。

オプションの一覧は以下のWikiに書いてあった。自分は"-Xconversiontimeout 10000 -Xmultithreaded"を指定して様子をみている。相変わらず糞遅いのは変わりないんだけど、どーしてもANTLRWorks上でデバッグしたい時にはなんとか現実的な時間(解析とソースのジェネレートで1分近くかかるけど)で動いてくれるのでありがたい。

ちなみに、ルールの単体テストをするためのドキュメントも見つけた。こういうのも書いてくれているのは助かるなぁ。ANTLRではANTLRWorkのような専用のIDEやこのTDDドキュメント、さらにmavenプラグインも提供されていたり、さらにさらにHudsonでのCIが行われていたり、としっかりやっているのがスゴイなぁ。しっかりしているなぁ。

コメントを投稿