2009年2月26日木曜日

IntelliJ IDEAはjavadocコメントが弱いのかな?

IntelliJ IDEA8.1を試用しつつEclipseと天秤にかけているんだけど、ひとつどうしても解せない点があった。それはJavaDocコメントの生成機能。まず、コマンドが見当たらない。Eclipseでは「Command+Alt+J」のやつ。

IDEAでは「Command+Shift+A」がEclipseでいうQuickAccessのような機能にあたるっぽいのだが、そこで"javadoc"と入力しても、html形式でクラスを出力するjavadoc出力機能とソース内のJavaDocコメントをCollapse/Expandする機能しか抽出されない。「Control+Enter」がEclipseでいう「Command+Alt+S」から選択できる「Generate ...」の機能なのだが、こちらでもJavaDocの文字は無い。

公式ドキュメントを見ると、対象の前で"/**"と入力しろ、とか書いてある事は確認できた。が、一度出力できたとしても途中でパラメータを手動で追加した場合はどう追随するのか?また、設定で[Errors][Inspections][General]あたりでJavaDocの不備を警告するよう設定してみてEclipseでいうQuickFixにあたる「Show Intention Actions(ALT+Enter←@masanobuimaiが教えてくれました、ありがとう!)」をやってみても、@paramを追加してくれそうなカンジではない。JavaDocは間違っていると無い方がマシ、でも結構メンテする対象だから便利に使えないのは負担になりそう。

ちなみにEclipseのQuickFixだとこんなカンジ。

他にはCheckstyleとFindBugsの設定(どっちも通常はxmlで定義するんじゃないか、と)を適用する方法もまだわかってないので、調べないといけない。標準のxmlを他の人と共有できないと致命的すぎるし、プラグインがあるのかもしれない。

Eclipseユーザから見たIntelliJの嬉しい機能

多分に偏っている可能性があるかもしれないけれどもw、今のところ「すげぇよ、いいよ!」となった点。

  • 補完でワイルドカードが使える。
  • 補完で例えばgPで絞ると"getParameter"等が対象になる。キャメルケースで絞り込んでいけるのが超便利。
  • カーソル移動をemacs風に設定可能。これを設定すると、補完候補がポップアップされた状態でControl+N|Pによる上下の移動が可能になって助かる。
  • コンテキストメニューにキーバインドを設定できる。
  • [Appearance][Window Options][Disable mnemonics in menu]のチェックを外すとコンテキストメニュー内でニーモニックが使用できるようになる。
  • File Path(Command+Alt+F12)で現在アクティブなエディタのパス階層がポップアップされて、どこかを選択すると Finderへジャンプできる。

追記

コメント欄にてid:daisuke-mより「補完候補でキャメルケースはEclipseでもできるぞ」との指摘がっ!確かにできた。今までどれくらいの無駄なタイピングを行ってきたかと思うと寒くなってしまぅな…。だいちゃん教えてくれてありがとーぅ!

コメントを投稿