2008年4月1日火曜日

Ship It! ソフトウェアプロジェクト 成功のための達人式ガイドブック

今更、だけど読んだ。良い本だが、アジャイル系の書籍でいいものを読んでいれば特別新しい話は出てこないと思う。
最も力が入っていたな、と思ったのは「曳光弾開発(Tracer bullet development)」について、それと作業リストについて。特に曳光弾開発にCIもからめた話がしつこいくらい出てきた。
実際、自分も似たような事を考えていて、BDDなどをうまく採用して単体試験よりも機能的な試験を、CIに乗せて…とやろうとしているので、そぅいった手法を持たない他者を説得するための材料をよりたくさん手に入れる事ができた、といぅカンジだ。
総合的に評価すると、噂通りの名著であった。やっぱPragmaticBookshelfにはハズレは少ないのかなぁ?また、でびあんぐるの方々の訳も大変読みやすかった。

コメントを投稿