2008年4月9日水曜日

Google App Engine SDKのtutorialその3(DataStore関連)

先の二つのエントリ

の続き。

Using the Datastoreをやってみる

  1. 例のごとく「Storing the Submitted Greetings」に書かれているとおりhelloworld.pyを編集するんだけど、今回はソースがまるまる書かれている訳ではないので注意。
  2. ソースの先頭に「from google.appengine.ext import db」を追加。これでdbの機能が使用できるようになる。
  3. 「Greeting」classをMainPage classの上に追加。
    所謂Modelの定義みたい。
  4. GuestBook classを置き換える。
    Greetingを作成して、UserObjectの設定とPotされたメッセージの設定し、「put()」メソッドで保存している。その後で「/」にリダイレクトする。
  5. まだ動作確認せずに、次の節「Retrieving the Stored Greetings With GQL」にそのまま突入。Databaseへのアクセスは「GQL」なるSQLに似たクエリ言語を使うらすぃ。
  6. MainPage classをそのまま置き換えるカンジでOK。自分はloginの処理も残しつつ持ってきた。
    • db.GqlQuery()メソッドでクエリを発行して、その結果セットを取得できる。
    • 結果セットはfor...in...のpythonのforループで一件ずつ取得できる。
    • Modelとして定義した「Greeting」classの「gql()」メソッドを使えば、「SELECT * FROM Greeting」を省略できる。
    • クエリにはWHERE句も使える。
    • WHERE句への条件値を動的にする事もできる。
      Greeting.gql("WHERE author = :author ORDER BY date DESC", author=users.get_current_user())
      みたいなカンジに使う。
    • さらにさらに、「Greeting.all()」してから、その結果セットに対して「filter()」とか「order()」とかできる。
      ただし、どのタイミングでクエリが発行されんの?とかそのタイミングはよくワカラン。debug=Trueを指定してるのに、クエリの状況とかが標準出力に出てこないんだもん。
  7. databaseの内容を消去したい時はdev_appserver.pyを起動時の引数に「--clear_datastore」オプションを渡してやれば良い。
今回編集した結果のソースを貼っとく。
from google.appengine.ext import db

import cgi
import wsgiref.handlers

from google.appengine.api import users
from google.appengine.ext import webapp

class Greeting(db.Model):
  author = db.UserProperty()
  content = db.StringProperty(multiline=True)
  date = db.DateTimeProperty(auto_now_add=True)
  
class MainPage(webapp.RequestHandler):
  def get(self):
    user = users.get_current_user()
    if user:
      self.response.out.write('<html><body>')
  
      greetings = db.GqlQuery("SELECT * FROM Greeting ORDER BY date DESC LIMIT 10")
  
      for greeting in greetings:
        if greeting.author:
          self.response.out.write('<b>%s</b> wrote:' % greeting.author.nickname())
        else:
          self.response.out.write('An anonymous person wrote:')
        self.response.out.write('<blockquote>%s</blockquote>' %
                                cgi.escape(greeting.content))
  
      # Write the submission form and the footer of the page
      self.response.out.write("""
            <form action="/sign" method="post">
              <div><textarea name="content" rows="3" cols="60"></textarea></div>
              <div><input type="submit" value="Sign Guestbook"></div>
            </form>
          </body>
        </html>""")
    else:
      self.redirect(users.create_login_url(self.request.uri))

class Guestbook(webapp.RequestHandler):
  def post(self):
    greeting = Greeting()

    if users.get_current_user():
      greeting.author = users.get_current_user()

    greeting.content = self.request.get('content')
    greeting.put()
    self.redirect('/')
        
def main():
  application = webapp.WSGIApplication(
                                       [('/', MainPage),
                                        ('/sign', Guestbook)],
                                       debug=True)
  wsgiref.handlers.CGIHandler().run(application)

if __name__ == "__main__":
  main()

コメントを投稿